クラウドソーシング

建築の副業を始めたい建築士へ。始め方とおすすめの副業を現役一級建築士が解説!

「建築関係の仕事をしているけど、もっと収入を増やしたいな・・・。」

「副業を始めてみたいけど、どういった内容があるのかな?」

おそらく、建築関係の仕事をしている方なら誰もがそのような事を考えたことがありますよね。

実は、建築の仕事を生かせる副業は多くあるので、やる気さえあれば難しいことではないです。

実際に、僕も平日の9時から18時まで設計事務所に勤務しています。その中で家族が寝静まった夜やちょっと朝早く起きたりしてコツコツ積み上げています。

副業を始めてまだ月日は浅いですが、月に5万円ほど稼いだ日もあります。

この記事では、副業の難易度順に5つご紹介していきます。

記事を読み終えると、今後副業についてのハードルは一切なく、自分の収入を1UPできるようになっています。

在宅でできる副業をはじめよう

仕事がハードなところがある建設業業界ですので、副業に体力を使いたくはないですよね。そんなことしてしまうと、本業が疎かになってしまい、本末転倒になってしまいます。

僕がいつもお世話になっている副業のおすすめサイト「クラウドワークスでは、在宅でできる案件から、設計案件まで幅広く仕事あります。登録は無料なので、まず登録して記事を見ていただいても全然OKです。

せっかく副業するなら、本業とは違うスキルを習得して武器を増やしましょう。

例えば、あなたが本業で公共施設などの大型物件などの設計を扱っているのではあれば、住宅の間取りを考えてみるなど、違うことをしてみると新鮮ですよ。

建築士ができる副業

未経験者でもできる簡単な案件から、建築士のスキルを活かした仕事まで難易度順に紹介していきます。

難易度① WEBライティング(未経験者OK)

建築士なのにライティング?と思うかもしれませんが、PC一台あれば大丈夫です。

実績がなくても、3ヶ月ぐらいで安定して3万円ぐらいは稼ぐことができます。

なぜなら、建築士は専門知識や実務経験がある人は優遇されやすいので文字単価が上がりやすいからです。

「クラウドワークス」では5件の建築のノウハウや日頃の作業に関するライティング業務が掲載されています(※執筆時点)

1件あたりの相場は3,000〜5,000円程度

実績や執筆内容では、さらに高額な報酬もあります。

このような専門知識が必要とされる案件は、応募できる人が限られているので採用されるのが高いのも特徴的です。

建築士の業務はパースなど絵で見せる技ももちろん必要ですが、プレゼンなどでは文章力も必要ですよね。

ライティングは、常に読者の求める記事を執筆するので「顧客の要望や、疑問を適切にくみとって解決策を生み出す」というスキルを習得することができます。

建設業では、文章を伝える人が苦手な人が多いのでライティングスキルを磨けば一歩リードすることができますよ。

難易度② 図面トレース・修正(CADスキル必須)

CADを使っての図面トレースや修正するような仕事があります。

基本的には、クライアントからトレース部分や修正したい箇所は明確に指示してあるので単純作業になります。

1件あたりの相場は、〜50,000円程度

1案件の金額は高いのですが、案件数が少ないです。執筆時点では1件しかありませんでした。

最初にクライアントを見つけるのに苦労しますが、CADを扱えるワーカーは少ないので継続受注をさせてもらえる可能性が高いです。

難易度③ パースなどのデザイン系

アパートのパースや、住宅のパースなどがメインです。

本業で、意匠設計やインテリア関係の仕事をされているのであれば、すぐに稼げるようになります。

1件あたりの相場は、〜100,000円程度

建築規模によりまだ高額報酬の案件はあります。

未経験でも、将来的に建築の仕事の幅を増やしていきたいなら勉強してスキルを身につけておくのもいいですね。

デザインもできて設計できる建築士は重宝されます。

難易度④ リフォームプランの作成

住宅のリフォームや店舗改装などのプラン作成業務です。

クライアントとの緻密なコミュニケーションが必要になってくるので、実務経験がないと副業でやるには難しいです。

1件あたりの相場は、〜300,000円程度

リフォームプランは、クライアントの要望や図面に無い起こりうる異常を察知して行く必要があります。ですので、十分に理解した上で提案できる能力が必須になってきます。

難易度⑤ 実施設計・設計監理・確認申請

難易度⑤なので、言わずとも上級者向けです。

実務経験が必須で、一級建築士や二級建築士の資格が必要です。

実際に現場に赴いたり、クライアントとの緻密なコミュニケーションが必要になってきますので副業には向いていません。

難易度が高い分、報酬も高いのが特徴的です。

1件あたりの相場は、要相談

規模が期間、実務経験などが重なるためクライアントと面接して相談していくことが多いようです。

副業でやるなら、小さい店舗や住宅など規模の小さいものがいいでしょうね。

将来、独立して個人事務所などを持ちたい場合は積極的にこのような案件に取り組んで、実績として積んでおくと良いでしょう。

建築の案件が多数あるクラウドソーシング3選

今まで紹介してきた案件はクラウドソーシングで受注できます。

クラウドソーシングとは、仕事を発注したい企業(個人)と、仕事を受注したい個人をオンライン上でマッチングさせるためのプラットフォームです。契約や報酬のやりとりは、クラウドソーシング上でおこなうので、安心して仕事を受注できます。

実際に、使っているサイトで特におすすめしたいのがこれから紹介する3つです。

1、クラウドワークス(Croud Works)

公式サイト:https://crowdworks.jp/

この記事でも紹介したように、「クラウドワークス」にはライティングやパース作成、設計業務まで幅広くあります。登録は無料ですので早速登録してあなたができる副業を探しましょう。

2、ランサーズ(Lancers)

公式サイト:https://www.lancers.jp

「ランサーズ」はライティングの案件が多いサイトです。

実績を積むと、「認定ランカー」という扱いになり、高単価案件のスカウトがくるようになります。

「ランサーズ」も無料なので、まずがはライティングから始めてみようという方はこちらがおすすめです。

クラウドソーシング「ランサーズ」

3、スタジオアンビルト(STUDIO UNBUILT)

「スタジオアンビルト」は、建築に特化したサイトになります。

実施設計案件や住宅間取りの作成など上級者向けの案件が多数あります。

実務経験を積んでいて、独立に向けて実績を積みたい方はこちらがおすすめです。

クラウドソーシングを使い始めるときの注意点

自分自身という商品を売り出す意識をもちましょう

クラウドソーシングで仕事を発注する側からすると、お金を支払うことになるので当然ながら優秀で納期などがしっかりしている方に頼みたいものですよね。

報酬が高い案件では、ライバルも多いので、しっかりと自分に仕事を依頼するとメリットがあることを伝え、ライバルに差をつけましょう。

クラウドソーシング上で実績が無くても、今までの実務経験や専門知識をもっていることは、十分なアピール材料になります。

単価が安い案件はスルーしましょう

クラウドソーシングで仕事を探していると、あきらかに報酬が安すぎる案件も多々あります。

例えば

・ライティング料 文字単価0.3円

・パース作成料 1枚500円

などなど。

このような案件を発注している人は、お金を持っていない企業か個人なので相手にするだけ無駄です。

報酬の最低ラインとして、ライティングなら文字単価1円以上を目安とするといいです。

報酬の高いクライアントは、しっかりとしたテンプレートがあったり、継続的に仕事を発注してくれますのでスキルアップにもつなげることができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

まずはこの記事のおさらいです。

ポイント1

・在宅でできる案件をやろう

ポイント2

・副業は難易度があって、未経験者・新社会人でもできるものがある

ポイント3

・クラウドソーシングを始める時は、自分自身を売る意識と報酬の安い案件はなるべくしない

この3つをしっかり確認して副業を始めることができれば、必ずその時間はスキルや報酬となって報われます。

さぁ、副業の第一歩を踏み出しましょう!

  • この記事を書いた人
シロクマ

シロクマ

働く場所を選ばない『NO address』代表/建築家/一級建築士/宅建士/三度の飯よりコーヒー好き/オックスフォードとチノパン/フリーランスはVANOFFICEで活動するが目標/ラジオ、一級建築士試験一発合格ノウハウ、住宅間取りの作成・添削やってます/各SNSフォローお願いします/

-クラウドソーシング

Copyright© NO ADDRESS , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.