文房具

【建築の新入生・新社会人必見!】実際に使ってわかった建築士製図試験で使いやすい製図用シャーペンおすすめ5本!

今回は自分が毎日使っているシャーペンのおすすめをまとめてみました。シャーペン。されどシャーペン。甘く見てはいけません。色々な種類があるので自分にあったシャーペンを見つけられます。

機能性と実用性に優れたプロ仕様の「製図用シャーペン」

細かな線を引く緻密な作業から、ラフなイラストを描く作業まで幅広い用途で使われています。また、高性能なだけでなく、スタイリッシュなデザインで普段使いのシャーペンとして活用できるアイテムが豊富です。

おすすめの製図用シャーペンを僕が実際に色々試してみてよかった5本をご紹介します。使いごごちのよさを追求したアイテムが豊富にラインナップされています。購入を検討してる方はぜひチェックしてみてください。

製図用シャーペンってそもそもなんなの?

製図用シャーペンて言われても普通のシャーペンと何が違うの?と、疑問に思う方も多いと思います。

製図用シャーペンは、建築図面や機械図面などを描くために開発されたシャープペンシル。細かな線や文字が書きやすいよう設計されたプロ仕様の筆記用具です。ペン先が紙面が見やすいようボディが細くすっきりとしていることや、重心がペン先側にある「低重心」で書き心地が安定しています。

現在の製図は、CADソフトを用いてパソコン上で行うのが主流です。手書きで図面を描くことは少なくなってきましたが、設計の初期の段階でスケッチ程度でラフに手書きを行う場合や、建築士試験に臨む場合などは製図用シャーペン必須です。また、高い機能性とスタイリッシュなデザインで、普段使いや勉強用としても人気のアイテムです。学生から社会人まで幅広い世代に支持されています。

じゃあ、製図用のシャーペンの魅力って?

一般的なシャーペンがある中でなぜ、製図用シャーペンをおすすめするのかを解説していきたいます。

製図用シャーペンの魅力は、均一な線が引きやすい点です。「ガイドパイプ」と呼ばれる芯を支える金具が長く、ペン先が定規にしっかり当たるよう設計されています。さらに、ペン先のパーツはガイドパイプに向かってすっきり細くなり、視界が広がることで描かれた線が確認しやすいです。

また、製図用シャーペンは、グリップ部分に比較的重量のある金属を採用しているアイテムが豊富です。重心の位置が低くなるので「低重心」になり、線を引く際にシャーペンが垂直にしても安定しやすいよう設計されています。さらに、グリップの金属部分には、滑り止めとして細かい凸凹を刻む「ローレット加工」が施されているのが一般的。使いやすさだけでなく、重量感のある雰囲気に仕上がっています。

どんな製図用シャーペンを選んだらいいの?

製図用シャーペンいいかも!そう思ってもらえたら、とても嬉しいです。僕は別に文房具メーカーに勤めているわけではないんですが(笑)

では、さっそく自分にあった製図用シャーペンを見ていきましょう!

① 芯の太さをチェック

プロ仕様の製図用シャーペンは、芯の太さのバリエーションが豊富です。0.2〜2.0mmまでの芯径が一般的で、用途に応じて芯径のサイズに合ったモデルが選択できます。日本語の筆記に適している芯径は0.5mm前後と言われており、普段使いや勉強用におすすめの太さです。

また、小さな文字や細かな線などを書く場合は細い芯径が、イラストを描く場合は太い芯径が適しています。種類が豊富なので、使うシーンを想定して紙のサイズや書くスペースなども考慮した上で、目的にあった芯径のモデルを選びましょう。お気に入りのモデルが決まったら、芯径のサイズ別に数本用意し、用途別に使い分けるのもおすすめです。

② 重さ・重心をチェック

素材に金属が使われている製図用シャーペンの多くは、一般的なシャーペンに比べて重量があり、安定的のある書き心地が特徴です。さらに、重心がペン先に近い位置にある「低重心」であるアイテムは、筆記時にシャーペンがぶれにくいのも魅力です。一方、樹脂製の製図用シャーペンは、重量が軽く、重さが気になる方におすすめのアイテムです。軽快な書き心地で長時間の筆記にも疲れにくいのがメリットです。

ただし、重さの感じ方には個人差があり、手の大きさや、筆圧、筆記時のシャーペンの角度なども書き心地に影響します。自分にあった重さのアイテムを選びましょう。

③ 持ちやすいモノを選ぼう

製図用シャーペンは、機能美ともいえるシンプルなデザインが魅力です。握りやすさや持ちやすさを追求したアイテムが豊富ですが、メーカーごとの工夫が顕著に表れる部分がグリップ部分です。グリップ部分が金属製の場合は、一般的なローレット加工に加え、ラバー素材を組み合わせることで滑り止めの効果を高めているアイテムもあります。

また、使い心地に大きく影響する部分がボディの形状。手にフィットしやすいよう、軸とグリップの太さを変えているモノや、グリップの面積が広いモノなど、個性豊かなアイテムが揃っています。

製図用シャーペンのおすすめのメーカーは?

よし!一本製図用シャーペンを買ってみようかな。でも、メーカーがたくさんあってわからないなぁ。

そんなときは次に紹介するメーカーだとほぼほぼ間違えはないです。さっそく見ていきましょう。

一度は名前を聞いたことあるはず!【ぺんてる】

ぺんてるは1946年に説立された老舗文房具メーカー。日本初の国産クレヨンである「メイローくれよん」や水性サインペンの元祖として知られる「ぺんてるサインペン」、世界初のノック式シャーペン「ぺんてる鉛筆」など、画期的な製品を次々と生み出してきました。また、強度の高いシャーペン芯「ハイポリマー芯」を開発したメーカーとしても知られています。

製図用シャーペンでは、「グラフシャープ」シリーズとしてさまざまなアイテムがラインナップ。なかでも「グラフペンシル」は、1972年の発売以来のロングセラー商品で、スリムな流線型のフォルムと軽やかな書き心地が魅力です。また、金属とラバーを組み合わせたグリップ特徴の「グラフ1000」は握りやすく、適度な重量が特徴のモデルです。優れた性能と高級感のあるデザインで人気があります。

ドイツの老舗【ステッドラー(STAEDTLER)】

ドイツの老舗文房具メーカーであるステッドラーは、1835年、鉛筆製造工場の設立からスタートしました。現在は精度の高い製図用品から子供向けのクレヨンまで、多彩な筆記具を生み出しています。デザイン性と機能性を兼ね備えたアイテムとして世界中で人気のメーカーですが、特にプロの愛用者が多いことでも有名です。

なかでもアルミ製の製図用シャーペン「925 25」はステッドラーを代表するアイテム。重量感のあるシンプルなデザインですが、グリップ部分に深く刻まれたローレット加工が華やかな印象を与えます。また、樹脂製の製図用シャーペンも充実しています。高い機能性を維持しつつ、軽快な書き心地が得られるアイテムとして人気です。

フリクションでおなじみ【パイロット(PILOT)】

筆記具をはじめとする、ステーショナリー用品などの製造を担うパイロットコーポレーション。1918年の創立から100年を超える歴史があり、日本を代表する筆記具メーカーとして知られています。1925年には世界中で人気を博した純国産の万年筆「蒔絵万年筆」を開発。その後、独創的なデザインと優れた機能を有するさまざまな製品を生み出し続けています。

シャーペンにおいても、カジュアルに使えるアイテムからプレゼントにおすすめな高級アイテムまで、幅広いラインナップが特徴。製図用シャーペンでは、素材に木材が採用された「S20」や樹脂と金属のコンビネーションが斬新な「S10」など、個性的なデザインと高い機能性を有するアイテムが揃っています。

おすすめの1本教えてよ!

メーカーはわかったから実際に使ってみてよかったシャーペンはなんなの!

では、さっそく見ていきましょう!

ぺんてる グラフペンシル PG5-AD

今、自分が使っている製図用シャーペんの1本です。

ぺんてるの製図用シャーペンのなかで、長きにわたり愛され続けているモデルです。ボディは耐久性の高い樹脂製。重量は10gでプロ仕様のシャーペンとしては比較的軽量です。長時間の使用でも疲れにくく、軽快な書き味が魅力。軸部分は握りやすい多面体で、グリップ部分には滑り止めとしては細かな溝が施されいます。

また、左右対称に近い流線型の美しいフォルムも特徴です。芯硬度を表示する窓の黄色がアクセントカラーになり、スタイリッシュなデザインなので普段使いのシャーペンとしてもおすすめ。高性能ながら比較的リーズナブルに購入できるコストパフォーマンスの高いアイテムです。

ステッドラー(STAEDLER)シルバーシリーズ 製図用シャープペンシル 925 25

二級建築士試験、一級建築士試験、宅地建物取引士試験など大事な勝負なときに一緒に戦ってくれた思い出のシャーペンです。

上品な光沢のあるアルミボディが印象的な製図用シャーペン。ボディにはロゴ・品番・芯径が深みのあるネイビーで印字され、シンプルで高級感のあるデザインが魅力です。グリップ部に刻まれたローレット加工の溝が深く、指がしっかりとフィット。また、緻密な凸凹でデザインのアクセントにもなっています。

約17gの重量と、重心がペン先にある低重心で、筆記時にシャーペンがぶれにくく、安定した書き心地が得られます。芯を支える4mmのガイドパイプは、ペン先周りの視界を広く保ち、定規に密着させやすい設計です。芯径は0.3〜2.0mmがラインナップされ、全6種類のモデルから用途に合わせて選択できます。製図やイラストから普段使いまで、さまざまなシーンにおすすめのアイテムです。

パイロット(PILOT)S20 HPS-2SK-DBN5

専門学生の頃、担任から値段の高いモノを今のうちから使っとくといいという言葉から、初めて買った製図用シャーペンです。

軸にあたたかみのある木材が採用された製図用シャーペンです。ボディの中心部分が緩やかに膨らんだフォルムで握りやすく、さらりとした質感は手に心地よく馴染みます。また、使うほどに艶が出る経年変化が楽しめるのも木材ならではの魅力ですよね。高級感のあるおしゃれなデザインで、プレゼントとしてもおすすめのアイテムです。

カラーバリエーションは全5色。どれも木のぬくもりが生かされた優しい色合いで、ナチュラルなブラウンや深みのあるディープレッドなどが好みに合わせて選択できます。デザイン性だけでなく、ペン先側に重心がある低重心であることや、ノック部分についている芯硬度表示窓など、製図用シャーペンとしての機能も充実しています。さまざまなシーンで活躍するアイテムです。

ロットリング(rotring)ラピッドプロ メカニカルペンシル 1904 258

人と被りたくない心から選んだ1本です。周りであまり見たことがなく、人と一緒は嫌だという人はおすすめです。

重厚感のあるマットブラックのボディは魅力の製図用シャーペン。グリップの上部には、ロットリングのトレードマークとして知られる赤い輪がデザインされています。本ブランドは1928年にドイツで誕生しました。製図用シャーペンの歴史も古く、プロに愛されるアイテムとして人気があります。

金属製のボディの重さは約24g。適度な重量で安定感があります。芯を支えるガイドパイプは、ノックキャップを押すことで収納が可能。丸みを帯びた六角形の軸は握りやすく、グリップ部分には目の細かいローレット加工が施されています。長時間の筆記でも疲れにくく、勉強用やビジネス用としてもおすすめです。カラーはブラックのほか、上品な光沢のシルバーがあります。

ファーバーカステル(FABER-CASTELL)TK-FINE バリオLペンシル

今、使っているシャーペンの2本目です。1本目と芯の太さを変えて使用しています。

ドイツの老舗筆記具ブランド「ファーバーカステル」の製図用シャーペンです。本ブランドは1761年に鉛筆を製造したことからスタートしました。250年以上の歴史を持つ鉛筆のほか、プロ仕様の色鉛筆やパステルなどの画材、万年筆やシャーペンなどの筆記具が充実しています。

本製品には、芯にかかる圧力を軽減するクッション機能が搭載されており、軸を回すことでハードモードとソフトモードの切り替えが可能です。製図やデザインに適したハードモードでは芯が固定され、通常の筆記に適したソフトモードでは筆圧に応じて芯クッション機能が働きます。軸にはファーバーカステルを象徴する深みのある緑色が使われており、エレガントなデザインも魅力ですよね。使い勝手のより繰り出し式の消しゴムがついているのもポイントです。

いかがだったでしょうか。メーカーごとに様々な工夫がありますよね。ぜひ、みなさんも製図用シャーペンを手に取って、使い心地を試してみてください。

最後まで、お読みいただきありがとうございました!次の投稿もお楽しみに!!

  • この記事を書いた人
シロクマ

シロクマ

働く場所を選ばない『NO address』代表/建築家/一級建築士/宅建士/三度の飯よりコーヒー好き/オックスフォードとチノパン/フリーランスはVANOFFICEで活動するが目標/ラジオ、一級建築士試験一発合格ノウハウ、住宅間取りの作成・添削やってます/各SNSフォローお願いします/

-文房具

Copyright© NO ADDRESS , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.